駒鳥日記

日常と、スピリチュアルとタロットと。

今週のアドバイス

記事を更新するのが久しぶりすぎて……。

ちょっと今、活力を補充している最中なので、もう少しの間不定期になってしまうかも。

一週間の運勢も、今週は3択じゃなくて全体アドバイスとして出しました。

 

それがこのカード↓

f:id:calvaria000:20200921094613j:image

【ⅩⅩⅩⅤ:Use Land Power】

 

「パワースポット」を意味するカードで、引越しのカードでもあります。

もし今、住む場所を変えようと考えている方がいるのであれば、時期としては良いタイミングであることを指摘しています。

また、引越しだけではなく文字通り「パワースポット」のカードですので、自分のお気に入りの場所に赴いてみるのも吉でしょう。

 

とにかく、動くことの重要性を主張していることから、逆に停滞留まることはお勧めできません。

今週は同じ場所で見る景色より、新しい場所で感動できるものを探してみてください。

涼しくなりつつあるこの一週間、精力的に動いてみてはどうでしょうか。

 

使用カード:

ルナロジー創始者、Keikoさん監修のカードです。
別の記事で詳しく紹介したいと思いますが、意味も捕らえやすく、写真が美しいものとなっています。
 
 短いけど、今日はここまで。
また小まめに更新できるようになったら、いろんなことを書いて行くよ。
書かない間にも不思議な体験したからね。
以上!
 
 
 
 
 

一週間の運勢

一週間過ぎるのあっという間だね。

では、いつも通り3択で用意してみたよ!

 

①左、②真ん中、③右

f:id:calvaria000:20200914073304j:plain

 使用タロット:THELEMA  TAROT

使用オラクルカード:SACRED DESTINY ORACLE

この2点も今後レビューを載せていくね!

 

①左

f:id:calvaria000:20200914073309j:plain

先週:【ソードのエース】

一週間の運勢:【ⅩⅥ:塔】

アドバイス:【TRUST】

 

先週の位置に【ソードのエース】が出ていますね。

エースのカードは、大体何かを新しく始めた時だったり、新しい局面に立った時に出ることが多いです。

またソードは知性や思考を司り、同時に人間の技術で造られた剣がモチーフな為、勉学や仕事などを連想させます。

 

さて、先週は何か新しい行動を始めて勢いに乗っているかもしれませんが、今週はちょっと注意が必要かもです。

【ⅩⅥ:塔】は崩壊を意味するので、現在こなしているタスクに対して挫折や行き詰まり、または想定外の障害があるかもしれません。

ですが、アドバイスには「信頼」が出ており、状況が芳しく無くても改善されるようです。

瞑想して心を落ち着けるように努めましょう。 

 

②真ん中

f:id:calvaria000:20200914073314j:plain

先週:【ペンタクルの8】

一週間の運勢:【Ⅶ:戦車】

アドバイス:【WISDOM】

 

先週の位置に【ペンタクルの8】が出ていることから、今までコツコツと積み重ねてきたものがあることを示しています。

何か専門的な技術かもしれませんし、あるいは目標に向けての準備期間を指し示していることもあります。

黙々とこなしてきた作業が、今週別の形で始動するかもしれません。

 

【Ⅶ:戦車】は勢いに乗っていることを表し、動き出すには良い時期であると示唆しています。

また、アドバイカードでは「知恵」が出ています。

動き出したとして、その勢いが衰えてしまった時は一度手を止め、深く洞察する姿勢を大事にしてみてください。

知識と知恵を武器に、動き出しましょう!

 

③右

f:id:calvaria000:20200914073318j:plain

先週:【ペンタクルの4】

一週間の運勢:【ワンドの9】

アドバイス:【EMBRACING】

 

先週の位置に出た【ペンタクルの4】も、今週の【ワンドの9】もどちらも似た状況にある印象を受けました。

どちらのカードも、自分の身の内に何かを隠す仕草、または守るように背に隠しています。

停滞」という言葉が浮かびましたが、どちらかと言えば次の動きに備えるための停滞でしょう。

 

実際、【ワンドの9】に描かれた最後の一本にはツタが巻かれ、地面には樹木のように根が張っています。

その前に座る男性は目を閉じ、その成長に気づいていないことから、気付かないけれど状況はゆっくりと進んでいることを示唆しています。

アドバイスには「抱きしめる」とあり、自分の内にある感情を大事にしながら観察し、精神を休めましょう。
前へ進むために、 英気を養ってください。

 

 

以上!

参考になれば幸いです!

 

 

心構えが大事なんだって話

ちょっと気になることがあって、9月から10月にかけてのテーマや問題点、それに対するアドバイスで引いてみた。 

f:id:calvaria000:20200913131400j:plain

使用タロット:RWSタロット

 

①テーマ:【Ⅵ:恋人】 補足:【ペンタクルの5】、【カップの4】

②問題点:【ⅩⅧ:月】 補足:【ソードの3】

③アドバイス:【ⅩⅦ:星】 補足:【Ⅲ:女帝】

 

ま、ざっとこんな感じ。

今年に入ってからいろんなことがあって、私自身も身体の変化とか、とにかく大変だったんだ。

とはいえ、変に神経質にならないで生きてた。

それがふと、心構えって大事なんだ、って思い始めて、でもどうすればいいのか全く分からないからタロットで聞いてみた。

 

テーマには【Ⅵ:恋人】のカードが出た。

このカードって別に悪い意味を持ってるカードでは無いんだけど、今回背景の熾天使と左側のイヴに目が行ったんだ。

何となくだけど、あまり良くない方の意味で出たのかなって思って補足カードを引くと、【ペンタクルの5】、【カップの4】が出たんだよね。

 

この3枚を総合して考えると、【Ⅵ:恋人】の後に来る人類の堕落のように、物理的、精神的に困窮し、満たされないようなことがあるんじゃ無いのかなって思った。

 

問題点の方で出たカードも、精神、心について言及してる。

特に【ソードの3】は分かりやすく、心が傷付き、悲しみに襲われることを意味してるんだよね。

これを見ると、物理的よりも精神的な疲弊の方が問題になりそう。

 

でも、どんな物事だって自分次第で改善することができる。

アドバイスには【ⅩⅦ:星】が出てくれた。

このカードのキーワードは希望。

背景に描かれているのは古来より人類の指針となった星。

 

つまり、目先の困難に惑わされるなってこと。

問題点に出た【ⅩⅧ:月】には朧げ、惑い、曖昧のような意味も連想させるから、このアドバイスカードはしっくり来るなって思った。

 

加えて補足の【Ⅲ:女帝】。

豊穣愛情がキーワードで、よく【Ⅳ:皇帝】のカードと対を成して母性を司ってる。

【Ⅲ:女帝】の愛情は、自己愛よりも周りに向けた愛情を意味することが多いんだけど、この場合は優しさとかでも当てはまるかな。

 

目先の困難に惑わされるな。

心に余裕を持て。

 

アドバイスはこんな感じかな。

誰かに優しくするのって、自分が満たされていないと無理だから。

 

後もう一点、【Ⅲ:女帝】は豊穣を司ってるでしょ?

つまり、食!

 

食事大事!

 

日月神示の方で、これから先の時代は色が変わって来るって書いてあった。

つまり、今まで通り食べられたはずのものが食べられなくなってしまう時代が来るかもしれないってこと。

 

私自身食べられるものが少しずつ変わってきた。

今のうちに食について少しずつ調べたりしておくと、後々いいかもしれないって思ったよ。

 

 

食事大事だよー!

 

 

オラクルカードは自己流で問題なし!

f:id:calvaria000:20200912111135j:plain

ラクルカードでの占いの仕方:

「◯◯◯についてアドバイスくれー!」

(集中)

「おりゃー!」

 

こんな感じでオラクルカードを引くときは自己流で問題ないよ!

まあ、これはタロットでも同じことが言えるんだけどね。

 

これじゃあんまりにもあんまりだから詳しく書いていくよ……。

 

前回の記事でも書いたように、オラクルカードの選び方は直感に従っても問題ないんだけど、占うとなるとはそうはいかないんだ。

特に大切なのはラクルカードの意味

 

タロットはどのデッキでも大抵の場合、ウェイト版やマルセイユ版を下地にしているんだ。

なので、タロット解釈の基礎さえ掴めれば、どのデッキを使っても一応問題はない。

(あくまでも一応。これもいつか書くね)

 

 だけど、オラクルカードの場合はそうはいかないんだ。

ラクルカードにはそれぞれ製作者がいて、その人によってカードが様変わりする。

タロットのように絵柄が違うだけではなくて、カードの構成自体が全く違うんだ。

 

実際、私も複数のオラクルカードを所有しているけど、それぞれ全く違う。

だから、新しいものを所有したら一からの勉強になる。

絵柄を一つ一つ見て、意味を確認する。

カードの意味をある程度把握して初めて占うことができるんだ。

 

というのも、以前の記事:

calvaria000.hatenadiary.com

で書いた通り、私の占いは守護霊さんを通してアドバイスをもらっているんだ。

今はその訓練中だし、時にはよく分からないカードが出てくることもある。

原因としては、私自身がカードの意味を読み解けていない他に、カードの意味の擦り合わせがうまくいっていないことがある。

 

私の場合、イメージとしては「このカードが出たらこういう風に解釈するよ」って守護霊さんと事前打ち合わせが必要なんだ。

で、何回か試して「オッケー!」ってなってくれたらスムーズに鑑定を出すことができる。(筆者はチャネリングできません)

だから新しく手にしたオラクルカードはそれぞれ勉強が必要になる。

 

守護霊云々が信じられない人も、潜在意識として言い換えれば納得してもらえると思う。

もういっちょ言うなら深層心理

深いレベルの意識が必要なカードを引き当てるんだよね。

 

で、ここから先はあくまでも持論。

潜在意識は顕在意識とは違って、プロテクトが掛かっていない意識なんだ。

だから潜在意識と引き寄せの法則は密接に繋がってると言われてる。

 

例えば、ある一つの願いを抱いていたりするよね。

「〜なりたい」「〜したい」

でも状況的に考えてそんなこと叶いっこないって思ったりするよね。

これが一種のプロテクト。

 

でもそのプロテクトを取っ払うと純粋な「願い」や「気持ち」が出てくる。

そして潜在意識はもちろんのこと自覚するのことができないんだ。

 

だけどオラクルカードを引く時、シャッフルをして自分の問いに集中するよね。

その問い一点飲みに意識を集約する。

それが次第に瞑想と同じ状態になって、潜在意識に働きかけるんだ。

だから意識を戻してカードを引くと、ドンピシャのカードだったりが出る。

 

まあ、あくまで持論ですけどね!!!

 

とにかく、オラクルカードを引く時は集中して問いかけてみてほしい。

それ以外はぶっちゃけ気にすることはほとんど無いよ。

解説本にはスプレッドの紹介もあるけれど、正直一回も使ったことが無いんだ……。

 

繰り返すと……、

 

「◯◯◯についてアドバイスくれー!」

(集中)

「おりゃー!」

 

これでオッケー!

 

 

 

オラクルカード紹介と選び方

f:id:calvaria000:20200911101715j:plain

今日はオラクルカードの紹介をしてみるね。

 
 見て分かるように「月」をモチーフにしたオラクルカードなんだよね。
4つのグループで構成されていて、月相の他に、スペシャルムーンのグループ。
新月のグループと満月のグループがあるんだ。
新月、満月に関しては12星座を絡めているので、占星術の知識があればもっと深く掘り下げることもできると思う。
しかもカードのテーマが書かれているから、意味を把握するのも比較的簡単だよ。
 
計44枚で構成されているんだよね。
カード自体は手書きのイラストなんだけど、すっごい綺麗。
 

f:id:calvaria000:20200911101718j:plain

 
正直ムーンオロジーラクルカードを手に取ってきっかけは、イラストが綺麗だったから。
でも、これって結構大事なことだと思うんだよね。
だって気に入ったものって大事に使うでしょ?
飽きることもそう無いし、頑張って使いこなそうと努力する。
 
ムーンオロジーラクルカードは、そういう意味では私に合ったカードだったんだ。
それに人間の身体や精神のコンディションは月の満ち欠けに依存しているよね。
その点でも、このオラクルカードは的確なアドバイスをくれるんだ。
 
ラクルカードの選び方はね、正直直感でいいと思う。
どのカードに愛着を持てるのか、っていう選び方。
だから、絵柄の他にカードの枚数やサイズとかで選んでも全然大丈夫。
前の記事で書いたタロットよりも簡単に選んで平気なんだ。
 
ただ、問題はその後。
気に入ったオラクルカードを手に取って占う時が一番大事
ラクルカードで占う時のスタンスは別の記事に書くけど、やっぱりタロットとは勝手が違うんだ。
 
何はともあれ、オラクルカードはビビッと来たものをゲットして大丈夫!
ムーンオロジーラクルカードは寒色を中心に構成されていて、落ち着いた気分で占いたい人にぴったりだよ!
 
 
 
 
 

初心者向けタロット紹介①

f:id:calvaria000:20200909140451j:plain

明日とか言いながら更新できなかった。

とにかく、予告通りタロットの紹介をしていこうと思うよ。

いくつか持っているんだけど、まずは基礎というか、これからタロットを始める人にオススメのものを紹介するね。

f:id:calvaria000:20200910141024j:plain

まずはこちら!

パメラ・コールマン・スミスがデザインを手掛けたタロットカード。

ウェイド版、またはライダー版タロットで、初心者だけでは無くベテランの占い師でも使用する伝統的タロットだね。

 

アーサー・エドワード・ウェイトの黄金の夜明け団の解釈を元に、パメラ・コールマン・スミスがデザインを手掛けたカード。

ただ、これは初版のものと違って色がキツくないやつなんだ。

同じ絵柄で色彩が違うやつもあるので購入する時は注意だね。

 

私はタロットの勉強をしようって決意した時、まず初めに買ったのはこれだったんだ。

タロットを始め、占いに興味がある人であったら、この絵柄はよく目にすると思う。

他にタロットカードを紹介する人も、まずはこれ持っとけ、っていうくらいなんだよね。

 

タロットカードっていろんな種類があるんだ。

それこそ猫やウサギをモチーフにしてみたり、逆に人が描かれずにハーブのみが描かれていたり。

それは中級者〜上級者向けかなって個人的には思ってる。

 

まずタロットで何が難しいって、カードの意味を捉えること。

で、カードの意味を手っ取り早く捉えるには、描かれている内容と意味を結びつけて覚えるのが一番簡単。

 

f:id:calvaria000:20200814095742j:plain


 例えば前にブログに載せた2枚のカード。

大アルカナの【ⅩⅨ:太陽】【ⅩⅧ:月】。

今回は【ⅩⅨ:太陽】にフォーカスを当てて説明するよ。 

 

  • 太陽のカードは、青空を背後に太陽が燦々と輝いている。
  • 画面真ん中には日に照らされた向日葵が元気よく咲いている。
  • そして、画面前景にいる子供は無邪気な顔で白馬にまたがっている。
  • 大きく開かれた腕は、向い風を切り、前へ前へと進んでいくことを想像させる。

 

以上がカードに描かれた図。

これだけでも太陽のカードはポジティブなエネルギー活力喜びに満ちたカードだって分かるよね。

 

実際に【ⅩⅨ:太陽】には成功成就勝利って意味がある。

つまり、描かれている事柄に注目して、そこから連想できることがカードの意味に当たるんだ。

だからできれば最初に持つカードは、伝統的なカードがいいんだよね。

それにタロットカード解説書でも、ライダー版タロットを使用して説明していることがほとんど。

 

タロットの覚え方や意味については追々書いていこうと思う。

とにかく、「これからタロット始めます!」って人には、ライダー版タロットを推しておきます。

 

 私が持っているタロットカード!

強い色味が苦手なのでこっちにしたけど、私にとっては正解だった。

 

こっちは色味が強い方のやつね。

原色が好きだったり、強烈な印象が欲しい人はこっちを選んでもいいと思うよ! 

 

ユニバーサルタロットは、絵柄はライダー版に即しているけど、色彩が全く違う。

どちらかといえば淡い色で構成されていて、陰影の表現もしっかりあったりする。

優しい色使いを好むなら、こっちがおすすめ。

 

次回はライダー版タロットに即してはいるけれど、異なる絵柄のタロットについて紹介するよ。

以上!

 

 

 

 

身体が痛くなった話⑤

f:id:calvaria000:20200908182114j:plain

使用タロットを紹介すると言ったな。

すまん、それは明日に回させてくれ。

ラクルカードの紹介もボチボチやっていくから。

今日はちょっと体が痛くなった話に関連することを書いていこうと思う。

 

身体の痛みの原因が霊的要因であることは、以前のブログで書いたよね。

今でも結構痛むし、何だか前より酷くなっている時もあるんだ。

でね、実は金銭的な面もあって学生時代にバイトさせてもらってた場所で少しずつ働けることになった。

 

お金の面での不安は減ったけど、もちろん痛みが改善するわけでも無く。

でもね、最近面白いこと判明した。

とんでもなく痛くなった時にね、今ちょっと無理、って主張したわけだ。

そしたら不思議と痛みが引いてくれた。

 

あれ、とは思ったけどそれよりもラッキーでとにかく無事に仕事を終わらせられたんだ。

バイト終わるじゃん、意気揚々と帰ろうとするじゃん、気が抜けるじゃん。

そしたらまたグサッとした痛みが来るわけさ。

 

「もうよかろ?」

 

的な感じで。よくないよ。

ただ、それ以来大事な時には痛みを流せるようになった。無理な時もあるけど。

ついでに反動なのか分からないけど、後から痛みがよりでっかくなって帰ってくる時もあるんだよね。

それでも、まあ、変化なんだろうなって受け入れてる。

 

スムーズなチャネリングができれば、もっといろんなこと分かるのかなって思ってみたり。

でも、まあ、できないので。

カードを使ってお話しするしかないんだけど、答えてくれないこともしばしば。

 

「まぁ、待てや」

 

答えてくれない時はだいたいこんな感じ。

時期に分かるから、待て。みたいな。

結構ドライ。

 

多分、守護霊さんに任せっきりじゃダメなんだよ。

自分がいろいろ考えて、いろんな手段を見つけて、そこからなんだろうね。

この世界に生きてるのは自分だから。

 

痛いし、手足もビリビリするけど、元気。

気になることがあったら、またこんな風にぼやきみたいな形で載せていくね。

明日こそカードの紹介したい!